iwatetabibitoのブログ

若い時は未知の土地への旅が楽しみでしたが、定年を過ぎた今は残された人生の生きざまへの旅が主体となっています、いずれにせよ気持ちを若く持ち旅にこだわった生涯を過ごして行きたいと考えております

国民年金100年安心プランは何処へ

最近の与党の数々の強行採決のおごった態度には不安を感じずには居られません、特に国民に納得の行く試算も提示せずに可決した年金法案、そして論議を七時間だけで可決した今日のカジノ法案、今のうちに何でも採決の与党プラス大臣席目当てに見える大阪維新の会の国民に対する姿勢には疑問を感じてなりません、韓国始め世界では国民のデモにより政治家への不平不満を募らせております、幸か不幸か今の日本にはそのエネルギーも見当たりませんが、特に年金に関して(グリーンピア厚生年金休暇センター含む)は詐欺曲がりの政治家のご都合主義の法案改革や新設に目をつぶっていて真の日本の豊な未来はやって来るのでしょうか、安倍総理は歴代総理トップの奥様との外遊で数十兆円もバラマイタとも言われております、外面ばかりにカッコつけて経済界(政治献金)優先の改革であり庶民を犠牲にしているとしか映らないのは何故なのでしょうか、人口が減って行く理由を知りつつも、非社員の若者の収入が少ないのを知りつつも、結婚出来ない若者が増えているのを知りつつも、ましてや「日本死ね」で騒がれた待機児童がなかなか減らないのを知りつつも、見て見ぬふりをし、対策をしているようなふりをし、選挙近くになると老人に金をばらまき票を稼ぎ、税金を使い政策を失敗しても責任をとることもなくマネーゲーム化した政治家のような気がしてなりません、なぜ国を背負って行く若者に豊な、希望が持てる将来を導こうとしないのか不思議でなりません
勝ち負けだけで世の中は成り立つのでしょうか、採算の合わない農業や漁業、企業や商店、労働者が無くなれば本当に日本は成長するのでしょうか、街は活性化するのでしょうか、採算の合わない人は皆生活保護で生き方が良いのでしょうか
加入時の内容を約束せず強制に徴収する国民年金制度は政治家の信頼のバロメーターだと思います、自らの政治改革は先延ばし、庶民の生死にかかわる法案を優先して安易に採決で変えてしまう今の与党に不安を感じてなりません、早く解散選挙をしていただきたいものです・・2004年のあの「100年安心プラン」といった言葉には責任を取ってもらいたいものです